登録販売者の私「ぶっちゃけ登販ってどうなのか教えますよ」

登録販売者になったら、仕事がきついのか気になる。

勉強期間や難易度など、知りたいことがいっぱいある。

この記事では、そんな内容を盛り込んでいます。

私(@medicamemo)は現在ドラッグストア歴3年目の登録販売者です。

あなたはいろんなサイトで、登録販売者について下記のような内容を見たことがあると思います。

・就職、転職に役に立つ
・キャリアアップができる
・簡単に取れる資格
・収入がアップする

ただ、実際はどうなんだろうとあなたは疑問に感じているはずです。

この記事では、あなたの気になる情報を、私から現役ではたらく「登録販売者の本音」としてぶっちゃけて紹介します。

【登録販売者の仕事についてぶっちゃける】

  • 仕事がきついのはドラッグストアあるある
  • レジばかりやるのは会社による
  • ノルマがあるのは、会社による
  • 登録販売者の失敗談=知識不足が原因
  • 資格手当は会社によって支給要件がちがう

【登録販売者の勉強についてぶっちゃける】

  • 勉強期間は短期間だと2〜3ヶ月で可能
  • 独学で合格することは可能(私が実績)
  • 主婦が独学で勉強しても合格できる
  • 高校生・大学生は就職に有利になる
  • 試験の難易度は、個人差がある
  • 受験理由によって試験の難しさが変わる
  • 試験が簡単すぎる=創設当初の話

前半では、仕事の内容について紹介しています。

仕事がきついのか、レジばかりやっているのか、登録販売者の失敗談、ノルマの条件や資格手当てについての内容です。

後半では、勉強期間や独学の方法、主婦や学生は合格できるのか、試験の難易度について、などの情報を紹介しています。

【ぶっちゃけ】登録販売者の仕事について

登録販売者の仕事面についてです。

ドラッグストアで登録販売者として働きたい方は、一通りご覧ください。

仕事がきついのはドラッグストアあるある

「ドラッグストアで働いていると、仕事がきつくて大変そう」

「今のご時世もあって、マスクや消毒液、お客さんへの対応が大変そう」

こんな声をいただくことがあります。

確かに、仕事がきついと感じる部分は多々あります。

これは登録販売者の資格者というより、ドラッグストアの仕事がきついと言ってもいいでしょう。

ドラッグストアの仕事は、最初に商品の仕分けや品出しをします。

つまり、肉体労働がメインです。

大きいペットボトルの飲料品や、洗剤などの雑貨用品の段ボール箱はとてつもなく重いです。

その重い荷物を何十個も何百個も、棚や倉庫に運びます。

私の勤めるお店では、約半数の人が膝を痛めたり、ギックリ腰になっています。

(中には持病のヘルニアが悪化した、なんて人も)

無理は禁物ですが、業務なのでやらざるを得ません。

もちろん、レジ打ちもやります。

レジ袋が必要なのか、ポイントカードやクーポンを持っているか、などの項目を毎回確認します。

会社によっては独自のルールがあるため、レジが混み合ってくるとテンパってしまう場合もあります。

場合によってはクレームをもらう・無駄にイライラするといった、メンタルがやられます。

また店内で作業をしていると、最低1日1回は声をかけられます。

商品案内がほとんどですが、たまにお客さんの雑談だけを聞く係になってしまうときもあります。(そして時間がどんどん過ぎていきます。)

会社によっては、有資格者だろうが関係なくトイレ掃除もします。

私もトイレ掃除の担当ですし、お店の入り口にクモやガなどの虫がいたら、外に逃したりします。

登録販売者だからといっても比較的どんな仕事もこなす必要があるため、思っていたよりきつい・つらいといった意見を耳にします。

ドラッグストアの仕事がしんどいのは、デスクワークと全くちがった業務が多いからです。

ここで紹介した仕事内容は私の職場ですが、どのお店でも可能性はあります。

「どうせドラッグストアの仕事は簡単だろう」と甘っちょろい考えで就職すると、痛い目を見ます。

レジばかりやるのは会社による

「せっかく登録販売者の資格を取ったのに、レジばかりやらされている」なんて声を耳にします。

実際にレジばかりさせられている、登録販売者の方もいます。

もちろんシフトの関係や、会社都合による場合が多いですが、レジばかりで全然お薬相談に乗ることができない、なんてこともあります。

逆に、登録販売者を持っているとレジ打ちを全然やらない場合もあります。

例えば、私の勤めるお店にいる医薬品専任者だと、医薬品の販売だけに特化しているためレジに入ることはありません。

(その分、販売するべき目標値はとても高いそうです)

私は登録販売者の資格を持っていますが、シフトにレジ打ちの業務が入っています。

だいたい1日1〜2時間、多いと3〜5時間はレジばかりやっています。

また、他のスタッフからレジのヘルプが出たらすぐ駆けつけますし、レジを代わって欲しいと頼まれれば、すんなりOKします。

ちなみにうちのお店だと、店長も普通にレジに入っていたりします。

スーパーやディスカウントストアなどは、レジ専任のパートがいるところが多いですが、ドラッグストアはレジ専任のポジションは比較的少数派だと思います。

そのためスタッフ全員がレジ打ちができることが前提とも言えるので、ドラッグストアに勤めるならレジ打ちのスキルは必須となります。

参考に、私のお店でやるレジの作業をかんたんにまとめました。

  • 電子マネー(WAON,Edy,nanacoなど)
  • クレジット決済(VISA,MasterCard,JCBなど)
  • バーコード決済(LINE Pay,d払い,auPay,メルペイなど)
  • 交通系電子マネー決済(TOICA,PASMOなど)
  • ポイントを貯める、ポイントを使う
  • クーポン(手渡し、ハガキなど種類多し)
  • 買った商品の返品・返金対応
  • 免税(外国人旅行者向けの対応)

↑ これらをすべて覚えて、レジで各支払い方法を操作します

このように、最初に覚えるレジ操作はかなり大変です。

さらにレジに入るとお客さんと嫌でも会話するため、コミュニケーションも必須になります。

知り合いの方から聞いた、レジ打ち話を1つ紹介します。


あるお店に、ベテランの登録販売者がいました。

仕事に熱心なのですが意思が強く、無資格のスタッフとグループ争いの末、派閥ができてしまいました。

すると、1日のシフトがほとんどレジばかりになってしまいます。

8時間勤務のうち、6時間がレジ打ちです。

そして残りの時間は品出しや補充ばかりで、本人のやりたい仕事が全然できなくなりました。

そのため医薬品販売や棚替えができなくなり、仕事にも熱が入らなくなってしまいました。

店長に相談しても、一向に改善されません。

最終的に、そのドラッグストアを辞めてしまいました…


このような、資格を持っていても悲しい出来事があったりするのがドラッグストア業界だったりします。

職場で1番の問題になるのが、人間関係だったりします。

ノルマがあるのは、会社による

ドラッグストアに勤める登録販売者の有資格者は、医療従事者というよりは医薬品を販売するポジションの方が強かったりします。

ノルマがあるのは会社によります。

参考に私の所属する会社は、販売目標はありますがノルマはありません。

実際にノルマがあったり、販売目標が事務所に貼ってあるところはあります。

そのため、どうしてもPB(プライベートブランド製品)や推奨品を販売するのが目標になってしまったりする方も多く見られます。

あなたはドラッグストアに薬を買いに行ったら、全然知らないわけのわからない薬をゴリ押しされて買わされた…という経験をしたことがありますか?

おそらく販売スタッフは、ノルマ達成のことしか頭にないかもしれません。

あなたは、お客さんにゴリゴリ推奨品を売りますか?

それとも、お客さんの悩みに寄り添って薬を選びますか?

どちらの登録販売者になるかは、あなた次第です。

登録販売者の失敗談=知識不足が原因

登録販売者の失敗談は、資格を取ったばかりで白衣を着てまもない頃のあるあるだったりします。

よくある失敗談として、知識不足で相談に乗れない → 役に立たないことが多いです。

薬の相談内容に悩んだり、症状に合った薬がわからなかったりします。

失敗を重ねるのはしんどいですが、最初はよくあることです。誰もが通る道だったりします。

とにかく事前に勉強をして、相談回数を増やすことが成功へのカギです。

そうして成功回数を重ねることで、じわじわと仕事のやりがいや、登録販売者としての活動が増えていきます。

私が登録販売者として勉強する方法は3つあります。

  • 職場の先輩に相談する
  • ネットで調べる
  • 本を読む

職場の登録販売者の先輩に相談するのが、もっとも手っ取り早い解決策だったりします。

ネットで調べるのも良いですが、まちがった情報を仕入れてしまう場合もあります。

個人的におすすめなのが本を読むことです。

単純な方法ですが、その道のプロが書いた最強のノウハウや知識を知ることができます。

しかも、あなたの好きな時間に勉強できます。

気になる方は、私が特におすすめする本をまとめた記事をどうぞ。

資格手当は会社によって支給要件がちがう

登録販売者の資格手当はだいたい支給されますが、会社によって支給要件がちがいます。

資格手当ての支給項目について、それぞれ情報をまとめました。

  • 正規と研修中の登録販売者資格では支給額がちがう
  • 正規や研修中に関係なく、登録販売者なら支給される
  • 管理者、管理者代行だと、別途手当が支給される
  • 研修中の登録販売者は手当がつかない

これらは会社によって全然ちがってきます。

そのため会社によっては「資格取得後に未経験ですぐ入社しても、資格手当てが支給されない…」

といった悩みもあるようです。

求人募集で資格手当欄を確認したり、面接のときに質問して確認しておくと、今後の不安要素が少なくなります。

以上、仕事での登録販売者について紹介しました。

Twitterでドラッグストアの日常をつぶやいているので、気軽にのぞいてみてください。

» リンネ@medicamemo

※無言フォロー、フォロー解除はお気軽にどうぞ

【ぶっちゃけ】登録販売者の勉強について

登録販売者の勉強面についてです。

これから資格取得を目指している方は、参考にどうぞ。

勉強期間は短期間だと2〜3ヶ月で可能

勉強期間については個人差があるので、難しいところです。

短期間だと2〜3ヶ月で合格することができます。長期間でも半年〜1年あれば取得可能です。

いま、あなたはお薬と全然関わらない業種で仕事をしていたり、家事や育児に追われているかもしれません。

そうすると4〜5ヶ月、あるいは半年ほど前から勉強するのがいいでしょう。

時間に余裕ができると、心にも余裕ができます。

現在の環境と勉強を両立しつつ、そして少しずつ勉強できます。

対照的に、いまドラッグストアや薬局で働いているなら2〜3ヶ月の短期間でも取得できるでしょう。

日頃から医薬品に触れていたり、知識のある先輩がいるはずなので、スムーズに勉強できる環境が整っていると言えます。

参考に、私が実際にやっていた勉強方法を紹介しています。

» 【試験対策】独学2ヶ月で登録販売者を取った勉強法

ドラッグストア未経験の私が、独学2ヶ月の勉強で合格できた方法をまとめた記事です。

独学で合格することは可能(私が実績です)

「独学で登録販売者試験に合格できますか?」とよく質問されますが、答えは「YES」です。

私の経験談を紹介すると、独学で勉強して登録販売者試験に1回で合格しました。

今までドラッグストア業界に全然関係ない仕事をしてきましたが、業界未経験なのに受験 → 合格しました。

ただ、誰の助けもなくテキストや参考書だけで独学するとなると、ある程度の根気と時間が必要になります。

「2〜3ヶ月で合格した勉強方法を紹介します」などといったブログやサイトが多数あります。

しかしそれはその人自身の経験であり、あなたに絶対当てはまるというわけではありません。

受験者全員が同じ方法をマネしたら短期間で受かる、とそのまま鵜呑みにしないことをおすすめします。

結論、あなたに合った方法で勉強するのがベストな判断だからです。

下記の記事では、あなたに合わせた勉強方法を紹介しています。

» 【登録販売者】ゼロから始めても合格できる勉強法

独学が難しいと思うなら通信講座もありです。

通信講座のメリット・デメリット、おすすめの通信講座について紹介しています。

» 【比較】登録販売者の勉強におすすめの通信講座2社まとめ

主婦が独学で勉強しても合格できる

主婦が家事や育児の合間に、独学で勉強して合格できるのか気になる方が多いようです。

実際に主婦の方が、独学で合格している方は多数います。

勉強パターンとしては、家事や育児の合間に、勉強をこつこつ進める流れです。

1日のうちで1時間だけ、といった短時間でやっていく方式です。

ですが、2〜3ヶ月で取得しようといった短期間での勉強は、個人的におすすめしません。

小さいお子さんがいる場合は、そもそも勉強の予定を組むのが難しいかもしれません。

急な熱、腹痛などの不調、学校の行事といった、

あなたの想定外なできごとで勉強を中断しなければいけない状況もありえます。

そのため短期間の決戦というよりは、長い目で見ておくと心にも余裕ができます。

お子さんのいる方は試験日の半年くらい前から、ゆっくり勉強に取り組むことをおすすめします。

子育てが終わり、時間にゆとりがあるなら3〜4ヶ月ほどで取得できます。

あなたが登録販売者の資格を取りたい理由は、おもに就職目的や、今後のために資格を取っておきたいことが目的だと思われます。

登録販売者試験に挑戦するのなら、効率よく勉強することが合格へのカギになります。

このサイトでは、試験勉強の対策をまとめてあります。あなたの勉強のおともになりますよ。

▶︎メディカメモ:勉強方法のカテゴリ一覧

高校生・大学生は就職に有利になる

あなたが学生なら、就職先が増えるチャンスになります。

特に就職活動をする前に取得しておくと、就職や会社で有利になるからです。

ドラッグストア業界では「登録販売者」は必須の資格です。

新入社員になると、必ず登録販売者の資格を勉強し、取得することが必須となります。

入社時に登録販売者を持っているなら、それだけで同期と差をつけることができます。

また登録販売者試験は年齢を問わず、誰でも受験できるのがメリットです。

なんなら小学生・中学生でも登録販売者を取ることができます。

※登録販売者の資格制度が制定された当初は年齢・実務経験など受験するための条件がありましたが、2015年度より受験資格が撤廃されました

また高校生・大学生が登録販売者試験に合格したという話は実際にあります。

そして、みんな口をそろえて「早めに取得してよかった」とのことです。

あなたの履歴書に資格を1つ増やす目的で、受験してみるのもアリかもしれませんよ。

実際のところ、学校の授業と同時並行で勉強するのはとても難しいはずです。

そんなきびしい環境で登録販売者試験に合格した経験は、あなたの一生の成功体験になるはずです。

このサイトで試験勉強の対策を紹介しているので、参考になさってください。

ちなみに、薬剤師を目指している薬学生がドラッグストアでバイトをしていて、在学中に登録販売者の試験を受けるパターンもあるようです。

「登録販売者資格」と「薬剤師資格」のダブル取得ができるのも魅力の1つです。

試験の難易度は、個人差がある

登録販売者試験の難易度については、ぶっちゃけ個人差があります。

そのため、登録販売者の試験問題が難しいと思う人もいれば、簡単だったと語る人もいます。

登録販売者試験は、約500種類もの数の成分、臓器などの人体のしくみ、法律に関わる薬機法といった内容が試験に出題されます。

学校の科目でいうと、理科の生物、化学、社会の法律あたりで、それらを専門的に難しくしたイメージです。

そして、登録販売者試験の勉強は基本的に暗記がメインになります。

あなたが勉強する意欲や、勉強を維持するモチベーションによって難易度が大きく関わってきます。

ちなみに、試験内容は初年度のころと比べて、どんどん難しくなっている傾向です。

  • 2011年度の全国平均合格率…約68%
  • 2018年度の全国平均合格率…41.3%

参考:登録販売者(Wikipedia)より

難易度は上がっているとはいえ、きちんと試験対策すれば1回の受験で合格することも可能です。

私は業界未経験からの独学で、受験1回で合格しました。

コラム:薬剤師目線で見た、登録販売者試験について

少し余談話ですが、薬剤師から見た登録販売者試験の難しさについて紹介します。

私の身近なポジションに、薬剤師の人がいます。

登録販売者の試験問題がどのレベルなのか、その薬剤師に見せてみました。

薬剤師目線で見る、登録販売者の試験問題について、試験の問題自体はそれなりに解けるようでした。

ですが、かなり悩んでいたり、自信が無かった問題もあるようでした。

「登録販売者の試験は薬剤師の国家試験と内容が似ているけど丸かぶりすることは無いね。

薬剤師国試とはちがう、ある意味専門的な難しさがある」

とのこと。

全ての医薬品の専門家である薬剤師。

そんな専門家でも悩んでしまうような、難しい問題が出題されるのが登録販売者の試験です。

そんな難易度の試験に挑むこと自体が、実はすごいことだったりします

とはいえ、しっかり試験対策すれば1回の受験で合格も可能です。

受験理由によって難しさが変わる

登録販売者試験を受験するためのきっかけ、受験理由によっても変わります。

結論、会社からの指示で受験するなら難易度は上がります。

あなたはどれに当てはまるでしょうか。

  1. 薬が好きで、薬学の知識を身に付けたいため
  2. 就職、転職、再就職のため
  3. 会社から指示されたため

パターン①は、薬が好きで、薬学の知識を身に付けたい人です。

登録販売者の資格勉強はそれほど苦にならないですし、むしろ楽しんで勉強できます。

周りに影響されることもほとんどないので、あなたの好きなペースで勉強を続けることができます。

パターン②は、転職や再就職といった理由で勉強する人です。

合格することを目標に立てやすいのでモチベーションも維持しやすいです。

実際に、取得することで多少なりとも就職に有利になるからです。

パターン③は、勤務先から登録販売者を強制的に取る指示があった人です。

パターン①②の状況とは、大きくちがってきます。

あなたの意思とは関係なく強制的に勉強しなければいけないのです。

そのため、勉強が難しく感じたり、勉強する意欲もわかないため、難易度がグッと上がります。

例を挙げると、私の所属する会社の社員は登録販売者資格が必須項目なのですが、会社からの指示で受験して、3〜4回目にやっと合格した人がいます。

ある店舗では、7回目でやっと合格した人も。

話を聞くと、以下の理由だそうです。

  • 仕事が忙しいのに、合間をぬって勉強できない
  • 会社からの圧力が、ストレスになっている
  • 何回も落ちることに慣れてしまった
  • 純粋に、試験問題が難しい

このように、自分の意思に関係なく受験するのなら、難易度が上がってしまうのも仕方ないかもしれません。

試験が簡単すぎる=創設当初の話

「試験が簡単すぎる」という話を聞きました。

登録販売者について詳しい方に聞いたところ、登録販売者が創設された当初(2009年ごろ)の試験は、初年度ということもあって比較的簡単だったそうです。

実際に、最近の合格率は3〜5割が平均となっていますが、創設当初の合格率は6〜7割もあります。

登録販売者試験の難易度は、ぶっちゃけ個人差があります。

「何回受験しても不合格になる」人もいれば「思ったより簡単だった」という人もいます。

医療系国家試験(薬剤師、看護師など)と比べると、登録販売者の難易度はそこまで及びません。

しかし、薬剤師目線で見た登録販売者の問題は簡単に解ける問題ではないため「試験が簡単すぎる」と決めつけてしまうのは良くないかもしれません。

勉強慣れしている人にとってはそこまで難しくないと感じますし、資格勉強をしたことがない人にとっては驚異の難易度といえます。

まとめ:登録販売者資格を上手に利用するのはあなた次第

今回の記事では、下記の内容を紹介しました。

【登録販売者の仕事について】

【登録販売者の勉強について】

気になる内容があれば、ご覧ください。

これらは実際のリアルな現場の声・経験談のため、資格サイトや転職サイトではなかなか見られない内容だと思います。

個人的に登録販売者はメリットが多く、取ってよかった資格だと確信しています。

とはいえ人によって相性があるので、まずは見極めて欲しいところです。

» 【現役が語る】登録販売者のメリット5つ・デメリット5つ

ドラッグストアの仕事に関しては厳しい意見を多くまとめましたが、実際は楽しく仕事していたり良いところも多々あります。

(私は登録販売者資格のおかげで資格手当が手厚く支給されました、えへ)

もしあなたが気になる内容があれば、お気軽に下記までどうぞ。

Twitterアカウント → @medicamemo

漢方や生薬の一覧表もありますので、勉強や仕事の合間に活用してみてください。

» 【すぐ見つかる】登録販売者のための漢方一覧表・索引リスト【試験範囲】

» 【すぐ見つかる】登録販売者のための生薬一覧表・索引リスト【試験範囲】

このサイトではこういった内容の記事を中心に、現場で使えるテクニックや試験対策の方法などを紹介しています。

» メディカメモTOPに戻る

スポンサーリンク
Twitterで情報発信しています