【最短2週間】登録販売者試験を過去問だけで合格した話

登録販売者試験は、最短でどれくらい勉強すれば合格できる?

過去問だけで、効率良く勉強できるの?

試験勉強をしているなら、誰もが思うことかもしれません。

私の知人に、勉強を初めて約2週間で合格した方がいます。

なんと「過去問だけで」合格したとのことで、直接お話を伺いました。

テキストは一切使ってないそうです。

私自身は独学2ヶ月の勉強で受験したのですが、かなり短期間なほうだと思っています。

それでも、2週間の勉強で合格するのは本当に驚異的だと感じました。

前置きすると、参考になる部分とマネしてはいけない部分があります。

あくまで登録販売者試験の何万人もの受験者のうち、ある1人の経験談としてお読みください。

本当に登録販売者試験に過去問だけで合格した?

さて本題である、本当に登録販売者試験に過去問だけで合格したの?と気になるところです。

結論を言うと、イエスです。

私も耳を疑いましたが、本人に合否を確認したところ本当に登録販売者試験に合格し、合格通知書が手元に届いたそうです。

最短2週間、過去問だけで合格した方の特徴

勉強期間がたった2週間で合格したなんて、一体どんな人なんだろう。

そんな疑問があると思うので、簡潔に特徴をまとめました。

  • 50代
  • ドラッグストア勤務
  • もともと仕事を効率的にこなせる人
  • 子供は独立しているため、現在育児はしていない

コンプライアンス保護のため、上記の情報のみ公開します。

正直、合格するとは思っていなかったそうです

本人いわく「合格するとは思っていなかった」そうです。「マグレで合格した、たまたま運が良かった」なんて謙遜していました。

余裕で合格したのか、ギリギリの点数で合格したのかお聞きできませんでしたが、合格点に達しているから合格したという結果に変わりありません。

最短2週間の勉強スケジュールについて

最短2週間、過去問だけで合格できた勉強スケジュールについて、インタビューした上でまとめました。

  • 試験日は9月2日
  • 8月半ばのお盆から勉強スタート
  • ひたすら過去問を解く
  • ひたすらわからない用語を調べる
  • 気付いたら試験当日
  • 2ヶ月後、合格通知あり

上記のとおりです。

第三者から見た状況を客観的にお伝えすると、比較的自分の時間を多く確保できて、勉強にもすんなり取り組める環境だったことそうです。

本人いわく、「自分は長期の勉強が向いていない。だからこそ超短期集中型を生かして、時短で攻めた」とのこと。

さすがに2週間は攻めすぎだろ、と思ったなんて言えない。

登録販売者試験に最短2週間で合格した方法

登録販売者試験に最短2週間で合格した方法は、以下の2点です。

  • 過去問だけをやりまくる
  • わからないところを調べまくる

ぶっちゃけ、これだけだそうです。

結論を言ってしまうと、この2点を重視すると合格できるということです。

こんなにざっくりとした勉強方法の経験談は、他にないかもしれません…!

過去問だけをやりまくる

過去問を解くのは、受験者なら誰もがやっている方法です。

本当にひたすら数をこなしたそうです。

アナログな方法ですが、実際過去問を解いて答え合わせして、わからないところはすぐに検索して調べます。

わからないところを調べまくる

前項と同じ内容ですが、とにかくわからないところは検索して調べまくったそうです。

私が独学で勉強していたときも同じで、気になった点や解説を見てもわからない部分はすぐグーグル検索で調べて答えを探していました。

検索すれば探したい情報がすぐ見つかりますし、今の時代に合った勉強方法とも言えます。

過去問だけの勉強は、あなた向けの方法ではない

【過去問だけで合格できる勉強方法】と紹介しましたが、受験する人全員に向いているというわけではありません。

「過去問だけで合格できる人がいるなら、自分もできるはず!」と過信すると、痛い目を見る可能性が高いです。

その前に、今のあなたの勉強方法を見つめ直してください。

効率良く勉強すれば、今から勉強を初めても合格圏内に入ることができます。

実は無料で勉強する方法だったりする

これまで紹介してきた過去問だけで勉強する方法、実はお金をかけずに無料で勉強できる方法だったりします。

なんと、テキストや過去問題集といった勉強教材を一切購入していないそうです。

  • 過去問…インターネット検索からダウンロード
  • 検索…スマホやパソコンから検索するだけ

全てインターネットを活用して勉強していたとのことです。考え方が今の時代にマッチしていて、ある意味最強ですね。

過去問を無料で欲しいなら、登録販売者の試験範囲の手引きをダウンロードすることができます。

参考:試験問題作成に関する手引き(平成30年3月)【厚生労働省】

わからない用語については、上手に検索すると知りたい情報が出てきます。

とは言え、テキスト無しだと勉強しずらい

テキストなどの書籍を一切そろえずに勉強する。

もちろん全くできなくはありませんが、ぶっちゃけ快適に勉強できる環境としては難しいです。

最低でも1冊は、何かしらのテキストを用意することをおすすめします。

個人的に厳選したテキスト、過去問題集をまとめた記事があるので、気になる方はお読みください。

▶︎【登録販売者試験】おすすめの過去問題集、試験対テキストを紹介します【デメリットも掲載】

まとめ:過去問だけで合格することは可能です

結論、過去問だけで合格することは確率的には可能です。実際に合格した方からお話を伺い、事実性や実際の体験談をお聞きしました。

ただ個人的には、過去問だけでテキスト無しの勉強をおすすめしません。

全くあくまで受験した1人の体験談として、今回の記事を読んでいただけたらと思います。

計画的に、確実に合格圏内を目指すのが実質的な方法です。

そのために最低でもテキスト1冊は持っておきたいところです。

参考程度に留めておいて、あなたに合う勉強方法を実践してください。

【登録販売者試験】勉強しても覚えられないあなたに、10通りの解決方法

スポンサーリンク
Twitterで情報発信しています