【一夜漬け無理】登録販売者試験を最短2週間で合格する方法【過去問やろう】

登録販売者試験は、一夜漬けで合格できる?

最短、どれだけの期間で合格できるか知りたい。

短期間で合格する方法を教えてほしい!

こんな疑問に、お答えします。

この記事の結論を、先に言ってしまいますね。

  • 一夜漬けで合格は、ほぼ無理
  • 最低2週間で合格した人はいる
  • でもマネしないほうがいい
  • 時短で合格できる方法がある

思わずため息をついてしまったあなたへ、現実を突きつけてしまってすみません。

でも、あなたにとって役に立つ情報も盛り込みましたよ。

申し遅れました。

私は登録販売者としてドラッグストアで働いている、リンネという人です。

「業界未経験だけど独学2ヶ月で合格した」という、ちっちゃい経歴があります。

これでも勉強時間はカツカツで少ない方なのですが、もっと短い期間で合格した人がいます。

私の職場の人なんですが、約2週間で合格してしまったんですね。

ぶっちゃけ、バケモノかと思うくらい記憶力の達人かと思いました。

本人はいたって、普通の凡人だそうです。

そんな短期集中型の最強人間に、直接お話を伺いました。

ちなみに、テキストは一切使ってないそうです。

前置きすると、とても参考になる方法と、絶対マネしてはいけないところがあります。

あくまで登録販売者試験の何万人もの受験者のうち、ある1人の受験者による経験談としてお読みください。

登録販売者試験に2週間で合格した話

さて本題である、登録販売者試験に2週間だけで合格したの?という話。

気になるところですが、その通りです。

「ほんまですか?」と、本人に確認したところ、登録販売者試験に合格していました。

そして現在、ドラッグストアで登録販売者としてバリバリ働いています。

2週間で合格した人について

「最短で合格するなんて、どうせ記憶力のいい若い子だろ?」

そんなあなたの予想に反して、以下のようなスペックです。

  • 50代のお母ちゃん
  • 受験前からドラッグストアに勤務
  • もともと仕事を効率的にこなせる人
  • 子供は独立しているため、現在育児はしていない

※社内コンプライアンスに関わるため、最低限の情報だけ公開しますね

いわゆる、「どこにでもいるパートのおばちゃん」です。

私にとっては、「仲のいいお母ちゃん」のようなポジションです。

どのお店にもいるような、フレンドリーでテキパキ動くお母ちゃんです。

受験したきっかけは、手に職をつけるため

もともと、登録販売者の資格を取ることを考えずにドラッグストアで働き出したそうです。

いわゆる「パートでそこそこ働いて、そこそこお金が入る環境」が元々の目的です。

しかし、令和時代は不況な世の中です。

もしやむを得ず退職したら、次に働ける場所を見つけるのに苦労するのが予想されます。

そこでお母ちゃんは、
「登録販売者の資格を取っておけば、もし今の会社を辞めることになってもドラッグストア業界に転職することができる」と考えました。

「手に職をつける」とは、専門的なスキルを身につけてお金を稼げることをいいます。

登録販売者の資格を取れば、就職や転職・再就職に有利になるほか、専門的な知識を仕事に役立てることができます。

「とりあえず受験してみよう」

登録販売者試験を受験したきっかけは「手に職をつけるため」です。

しかし何年もドラッグストアで働いていたにも関わらず、元々は登録販売者を取る気がなかったそう。

  • 試験勉強が難しそう
  • 医薬品の接客という仕事が増える
  • 登録販売者としての責任を負いたくない

これらの理由から、受験することを避けていました。

しかし、何かしらの役に立つ資格がほしい。

今の仕事を辞めても、どこか就職できるようになりたい。

ということで「とりあえず受験しよう」という流れになりました。

最短2週間の勉強法について

最短2週間の勉強方法やスケジュールについて、仲いい母ちゃんに聞きました。

ざっくりいうと、以下のとおり。

  • 試験日は9月2日(2020年度)
  • 8月半ばのお盆から勉強スタート
  • ひたすら、過去問を解く
  • ひたすら、わからない用語を調べる
  • 気がつくと試験前日になっていた
  • 試験当日、隣の人が気になって早めに退室
  • 2ヶ月後、合格通知がきた

赤文字の部分は、最短で勉強する上での超重要な勉強法だったりします。

登録販売者試験に最短2週間で合格した方法は、以下の2つです。

  • 過去問をやりまくる
  • わからないところを調べまくる

ぶっちゃけ、これだけです。

ということは
「過去問をやりまくって、わからないところを調べまくると合格できる」ということです。

YahooやGoogle検索で【登録販売者試験 勉強方法】と探しても、こんなにざっくりとした勉強方法の経験談は、おそらく無いでしょう。

それでは、2週間で合格した勉強法について詳しくみていきますね。

① 過去問だけをやりまくる

「過去問を解く」という勉強法は、受験者なら誰もがやっている方法だったりします。

まだ全く勉強に手をつけていないあなたも、いずれ通るべき道です。

つまり、過去問をしなければ、ほぼ確実に合格できないからです。

過去問こそが、合格への最大の近道なんですね。

最短で合格お母ちゃんから話を聞くと、本当にたくさんの過去問の数をこなしたそうです。

どれぐらいやったかは覚えていないそうですが、それはもうひたすら過去問を解いて解いて、解きまくったとのこと。

ちなみに、私も過去問を解きまくってます。

全国11エリア・過去3年分、みっちりやりました。

もちろん、過去問を解いて答え合わせをするだけではダメですよ。

まちがえた問題をしっかり見直す。

これが1番大切な勉強法です。

過去問を解いて答え合わせをすると、わからないところが出てきます。

そして次のステップ、すぐに検索して調べます。

② わからないところを調べまくる

とにかく、わからないところは検索して調べます。
はい、調べまくります。

時短で合格お母ちゃんは、わからない用語や問題があるたびに調べていました。

これについても、私が勉強していたときと同じです。

気になったところ、謎の専門用語、わからない単語については、すぐスマホ検索で調べて答えを探しました。

わからないところを放置すると、合格への道が遠のきます。

いわゆる落ちたということで、
「不合格」になってしまいます。

検索すれば探したい情報がすぐ見つかりますし、今の時代に合った勉強方法とも言えます。

ちなみに最短お母ちゃんは、こう言いました。

「私は時間をかけて勉強する長期戦が、性格的に向いていない。
だからこそ、短い時間で集中して短期決戦で攻めたよ!」

短期集中の勉強スタイルは、
自分の特性を知っているからこそ、できる決断ともいえます。

最低限の費用で合格した話

これまで紹介してきた過去問だけで勉強する方法、実は最低限の費用だったりします。

なんと、テキストや過去問題集といった勉強教材を一切購入していないそうです。

つまり、費用は受験料だけということです。

(厳密には、合格後に登録料が必要です)

本のテキストは使わず、全てインターネットを活用して勉強していたんですね。

  • 過去問…インターネット検索からダウンロード
  • 検索…スマホやパソコンから検索するだけ

考え方が今の時代っぽくて、ある意味最強です。

テキストになるべくお金をかけたくないなら、登録販売者の試験範囲の手引きをダウンロードすることできます。

» 参考:試験問題作成に関する手引き【厚生労働省】

※注意:膨大な文字数です

テキストは手引きで代用、過去問はネット検索でダウンロードする方法。

そして、わからない用語については、どんどん検索して調べる。

確かに、これだとお金は最低限で費用を安く抑えられますね。

とは言え、テキスト無しだと勉強しずらい

テキストや過去問題集などの書籍を一切そろえずに勉強する。

もちろんこの環境で勉強できなくはありませんが、
ぶっちゃけ快適に勉強できる環境としては難しいです。

実際の試験はマークシートなので、ネット環境を一切使わないアナログ形式だからです。

紙に書いて解く勉強の経験も、ある程度あった方が本番で焦らずに済みます。

そのため最低でも1冊は、何かしらのテキスト・過去問題集を用意することをおすすめします。

個人的に厳選したテキスト、過去問題集をまとめた記事があるので、気になる方はお読みください。

» 【登録販売者試験対策】あなたにぴったりのおすすめテキスト・過去問題集まとめ

まとめ:短期間で合格することは可能です

結論をいうと、短期間で合格することは可能です。

2週間の合格はさすがに厳しいですが、
2〜3ヶ月あれば合格圏内に入ることができます。

しかし、一夜漬けはできれば避けてほしいところです。

約15000円前後もする、受験料が無駄になってしまいます。

この記事では、2週間で合格した方から、実際の体験談をお聞きしました。

テキスト無し、過去問無しの超激安コストです。

ただ個人的には、テキスト無し、過去問題集無しの勉強をおすすめしません。

どちらも1冊は欲しいところです。

今回紹介した内容は、あくまで受験した1人の体験談として読んでいただけたらと思います。

あなたが1番合格に近づく方法は、計画的にスケジュールをを立てて勉強することです。

そのために、最低限のテキスト・過去問題集はそろえてくださいね…!

「2週間で合格できる人もいるんだな〜」と思ったところで、次はあなたの番です。

あなたに合う勉強方法を、今日から実践してみてください。

» 【登録販売者】知識ゼロからでも合格できる勉強法

プチお知らせ:時短で勉強したいなら、語呂合わせも1つの手段です。

» 【登録販売者試験】第3章の語呂合わせまとめ

スポンサーリンク
Twitterで情報発信しています