【2021年版】超厳選!あなたにぴったりのおすすめテキスト・過去問題集まとめ【登録販売者試験対策】

・登録販売者の2021年最新版のテキスト、何を選べばいいのだろう。

・「登録販売者おすすめテキスト」と検索したけど、結局どれが良いかわからない。

・私にぴったりのテキストを見つけたい。

そんな悩みを解決します。

私は2018年度の試験に合格し、現在ドラッグストアで登録販売者として働いています。

テキストを使って、過去問を解きまくって合格した1人です。

この記事では実際に販売されている試験対策テキスト・過去問題集・重要問題集を厳選して紹介しています。

さらに「どんな本があなたに向いているのかわかる、✔︎ チェックリスト」をつけました。

テキストには、メリットだけでなくデメリットもあります。

それらを含めて、あなたに合うテキストを探してみてください。

この記事の内容は、以下のとおりです。

  • 試験勉強にテキストを使う理由
  • テキストを選ぶときの注意点
  • テキストはいつ買うべきか … 4月中旬以降がおすすめ
  • テキストを選ぶコツ5つ
  • 勉強におすすめの試験対策テキストまとめ
  • テキストと一緒に選ぶおすすめ問題集まとめ
  • テキスト選びに悩むなら通信講座もあり
  • まとめ:あなたに合う本を選ぼう

試験勉強にテキストを使う理由

登録販売者の試験勉強には、テキスト(参考書)を使うことをおすすめします。

理由は3つあります。

  • 試験範囲の「手引き」の文章が見づらい
  • 試験範囲の重要なポイントがわかる
  • 使ううちに自分専用のテキストになる

それぞれ順番に見ていきましょう。

試験範囲の「手引き」の文章が見づらい

まず最初に、試験範囲の「手引き」の存在を知っていただきたいです。

登録販売者試験には試験範囲が設定されています。

下記のサイトのPDFデータを開くと、登録販売者の試験範囲の全データを見ることができます。

» 登録販売者の試験問題作成に関する手引き(厚生労働省)

ざっくり目を通してもらうと、文章だらけのページがなんと374ページあります。

あなたはこのデータを全て印刷して、テキスト代わりに勉強することができますか?

私は無理です。

登録販売者のテキストは、この白黒文章だらけの試験範囲をわかりやすく解説しています。

そのため勉強しやすいですし、モチベーションも維持できます。

試験範囲の重要なポイントがわかる

テキストは、重要なポイントをしっかり解説しています。

この用語は試験でよく出る・この成分はまちがえやすい・この問題はひっかけ問題として出てくる、というように勉強しやすく設計されています。

試験対策に重要な部分が、みっちりとテキストに含まれています。

使ううちに、自分専用のテキストになる

基本的に、テキストは線を引いたり、メモを書いたりして活用します。

わかりやすい覚え方を書き込んだり、イラストを描いても大丈夫です。

どんどん使っていくうちに、あなた専用のテキストが出来上がります。

他の人とテキストを交換してペラペラめくってみると、テキストの中身が全然ちがいます。(経験談)

あなただけのテキストは、登録販売者試験後でも活躍できますよ。

以上、テキストを使う理由をまとめました。

次の項目で、テキスト選びをする際の注意点を解説します。

テキストを選ぶときの注意点

登録販売者の試験勉強でテキストを選ぶとき、1つだけ注意点があります。

それは「登録販売者の手引き(試験範囲)の最新版に対応しているか」どうかです。

試験範囲は、先ほど紹介した白黒ばかりの大量の文章データのことですね。

登録販売者の手引き「最新版に対応しているか」が重要

登録販売者試験は、出題される試験範囲が決まっています。

この試験範囲の内容が変更されたり、追記や削除されたりと、改定される可能性があるんですね。

もし古い内容のテキストだと、試験本番で全然勉強していない範囲の問題が出たり、全く解けない問題が出てきます。

ここ最近で最後に改訂されたのは2018年4月です。

そのため、あなたが選ぶべきテキストは「平成30年度(2018年)改定版」のテキストということになります。

今年は試験範囲の改訂はありませんので、いま発売している最新版のテキストを使って大丈夫です。

私の失敗談:改訂前のテキストを買ってしまう

ここで私の失敗談を1つ紹介します。

試験範囲の改訂なんて知るはずもなく、内容を見て良さそうなテキストを選びました。

そのテキストは2018年改訂版ではなく、改訂前の古いテキストでした。

つまり最新版ではないので、テキスト内試験範囲や出題問題が古いままです。

しばらくは勉強に支障ありませんでした。

しかし、最終的には古い問題や、試験範囲を見直す作業をするハメになります。

そして、無駄な時間や労力を削ることになってしまった、、という失敗談です。

あなたにはこんなアホみたいな失敗をしてほしくないので、
この記事ではしっかりと試験範囲が最新版のテキストを厳選して紹介しています。

テキストはいつ買うべきか … 4月中旬以降がおすすめ

よくある質問として、「テキストはいつ買うべきか?」と聞かれます。

個人的には、4月の中旬以降をおすすめします。

理由は以下のとおり。

  • 手引きの試験範囲の改定が4月ごろ
  • 新しいテキストが発売され始める

詳しくは、下記の記事を参考にどうぞ。

» 独学勉強記事(よくある質問:テキストはいつ買うべきか)

テキストを選ぶコツ5つ

テキストを選ぶコツは、5つあります。

  • あなたの使いやすいサイズ
  • カラー印刷で見やすいテキスト
  • 図や表など分かりやすい解説あり
  • 索引(さくいん)がある
  • 確認テスト・問題がある

それぞれ順番に解説しますね。

あなたの使いやすいサイズ

テキストのサイズはさまざまです。

あなたの使いどころによって選ぶことをおすすめします。

文字が大きく見やすいテキストがいいなら、A4サイズの大きめな本がベストですね。

対して、よく持ち運びするなら少し小さめのサイズが使いやすいです。

私は図書館やカフェで勉強するために、持ち運びやすいA5サイズの少し小さめなテキストを選びました。

カラー印刷で見やすいテキスト

テキストにはカラー印刷・黒白印刷の2パターンがあります。

独学が初めてだったり、勉強する習慣が今までなかったのならカラー印刷のテキストをおすすめします。

始めて見る難しい用語ページが、カラフルなカラー印刷ではなく黒白で単調だと、モチベーションが下がります。

つまり、勉強のやる気が出ません。

「やる気の低下=勉強が進まない=勉強しない」につながります。

私はもちろん、カラー印刷のテキストを使って勉強しました。

図や表など分かりやすい解説がある

テキストの文章の間に図やイラスト、分かりやすい表があると理解しやすくなります。

逆に文章ばかりのテキストは、勉強することに慣れている中級者向けだったりします。

図解やイラストのおかげで、勉強がはかどるパターンがあります。

特に第2章の人体のしくみでは、各臓器のイラストを見ることでイメージしやすくなります。

私も、イラストや図解に助けられた1人です。

確認テスト・問題がある

テキストの各項目の合間に、確認テスト・プチ問題があったりします。

これがわりと活用できまして、確認テストと同じような問題が過去問に出ても、スラスラ解けるようになりました。

私の使っていたテキストも、各項目の区切りに「ミニテスト」がありました。

確認テストを何回も復習することで、あなたの記憶にじわじわ残ります。

索引(さくいん)がある

索引とは、ページの最後にある「あいうえお順で探したいページが見つかるまとめのページ」です。

索引があると「あの単語の意味、なんだっけ」と思ったら、すぐ調べることができます。

探したい単語のページが一覧になっているので、いわゆる辞書のような役割のページです。

ほとんどのテキストに索引はあるので、あまり気にしなくてもいいのですが、索引がないテキストもあったりします。

(その場合は、ふせんを活用してください)

ここまでがテキストについてです。

次項で、おすすめのテキストを紹介します。

登録販売者の勉強におすすめの試験対策テキストまとめ

個人的におすすめする、テキストです。

  • ズルい!合格法 医薬品登録販売者試験対策 鷹の爪団直伝!参考書 S
  • 第5版 登録販売者 合格教本 
  • ユーキャンの登録販売者 速習テキスト&重要過去問題集

順番に解説していきますね。

ズルい!合格法 医薬品登録販売者試験対策 鷹の爪団直伝!参考書 S

2021年3月に発売されたばかりの最新テキストです。

【秘密結社・鷹の爪】というアニメに出てくるキャラクターが、登録販売者の試験対策を全力で応援してくれます。

ちなみにキャラを知らなくても、試験と直接関係ないので全然大丈夫です。

公式のコンセプトは「楽しくラクに学べるのにわかりやすい!?こんなズルい合格法ができました!」です。

登録販売者のテキストの中では「ズル本S」と呼ばれています。

ぱっと見だと、マンガみたいで勉強っぽくないイメージですが、テキストの内容はかなり本格的です。

試験対策のテキストなのにテキストっぽくなくて、漫画のようにさくさく読みやすいのが良いですね。

文字ばかりで難しい用語ばかりの本が嫌なら、このズル本Sはあなたに向いています。

また、このテキストは合格に必要な最低限の内容だけを厳選しているため、絶対に外せない試験項目がわかります。

つまり他のテキストと比べて、本当に覚えるべき内容を知ることができます。

勉強嫌いのあなたでも、最低限の勉強で合格できるというわけです。

デメリットを挙げるとするなら、この本は試験範囲の手引きの内容全てに対応しているわけではありません。

他のテキストと比べると、一部省略している内容もあります。

では、なぜ試験範囲の全項目をカバーしていないのか。

実は公式から、前向きな理由が公表されています。

以下、出版社コメントより引用です。

「過去問題を解いていると、この「ズル本」には、載っていない内容がある!と思われる方がいるかもしれません。それは講師が責任をもって、あえて省いた内容です。

(中略)

この本で勉強すると、残念ながら120点満点を取ることはできません。しかし合格点に達することはできます!

つまりよく出る箇所だけを厳選しているため、ほとんど出題されないマイナーな項目は、あえて省いています。

実際に、過去問を解いていると「ズル本に載ってなかったぞ…!?」と思うところがありました。

結論を言ってしまうと、重要なポイントさえおさえたら、合格圏内に到達します。

そして、この本だけで合格した人が多数いらっしゃいます。

時短勉強で、必要最低限のところだけ覚えたい方には最適のテキストです。

ちなみに「業界初!無料で解説が見られるLINEアカウントと連携した学習システム」があります。

なんだか難しそうに聞こえますが、
わからない専門用語を、LINEで教えてくれるシステムです。

このLINEシステムとズル本テキストを使いこなせば、あなたの「わからない」がどんどん「わかってきた」になります。

こんな人におすすめ

✔︎ イラスト多めでわかりやすい本がほしい
✔︎ 最低限覚えるべきところだけ勉強したい
✔︎ 難しい内容のテキストは嫌だなぁ
✔︎ 少ない勉強時間で合格したい

全ページがオールカラー印刷で、どのページを開いてもイラストや図があります。

ちなみにズル本にはシリーズがあり「ズル本問題集」もあります。

(記事の後半で紹介しています)

第5版 登録販売者 合格教本 

2020年6月に発売された、比較的新しいテキスト&過去問題集です。

このテキストのメリットは3つあります。

  • テキストと過去問題集が一緒になっている本
  • ○×で答えられる簡単な確認テストあり
  • 過去問が解けるアプリつき

1番の魅力は、テキストと過去問題集が一緒になっています。

そのため過去問題集を新たに用意する必要がありません。

そして、○×問題が章の区切りごとに収録されているため、何回も繰り返し復習することができます。

その数、なんと1147問もあります。

問題数だけでも多すぎますが、さらに特徴的なのが問題演習Webアプリが付録としてオマケで付いていることです。

追加課金で使えるアプリではなく、無料でアプリがついています。

専用アプリのおかげで、パソコンやスマホを使って場所を選ばずにどこでも過去問を解くことができます。

これなら、わざわざ広告の多い無料の過去問題集アプリをダウンロードしなくても大丈夫ですね。

令和元年と平成30年度の全国各地域分で、およそ2年分の過去問がスマホで勉強できます。

問題の数もかなり多く、2040問が収録されています。

こんなにも使えそうなテキストですが、デメリットを1つ。

いかにも「よくあるテキスト」といった内容ということです。

文字がとにかく詰め込まれているため、図やイラストなどの息抜きはほぼありません。

やる気をいかに維持しつつ、勉強できるかがカギになります。

そして専門用語や文章の言い回しのせいで、登録販売者の勉強が少し難しいと感じるかもしれません。

それさえ慣れてしまえば、最高峰のテキストです。

こんな人におすすめ

✔︎ テキストと過去問が一緒になった本がほしい
✔︎ 問題数がとにかく多いテキストがほしい
✔︎ アプリでいつでもどこでも勉強したい
✔︎ 真剣に勉強に取り組みたい
created by Rinker
技術評論社
¥2,310(2021/06/21 14:57:34時点 Amazon調べ-詳細)

Amazonの口コミでは、★4以上とかなり好評価です。

ユーキャンの登録販売者 速習テキスト&重要過去問題集

2018年8月に、資格取得サイトのユーキャンが発売したテキストです。

このテキストは、私が実際に使って合格したテキストだったりします。

私が使っていたのは初版で、記事の前半で紹介した通り「試験範囲の改定を知らずに買ってしまったテキスト」です。

現在は第2版になっており、もちろん最新版です。

  • サイズがちょうどいいA5サイズで、持ち運びやすい
  • オールカラー印刷のため、見やすく読みやすい
  • イラストや挿絵があり、モチベが維持できる
  • 過去問が200問収録されていて、実力試しできる

これらの点から、わたしはユーキャンのテキストを選びました。

私はこのテキスト1冊だけを使って、1発で合格できました。

ありがとうユーキャン。

デメリットは、他のテキストのメリットが多すぎて、このテキスト独自のメリットが薄いことです。

ただ、クセがなく使いやすいのが利点なので、使ってみたら意外と良さげでした。

そんなユーキャンのテキストを使って実際に合格できた勉強法をまとめた記事があります。

» 【短期集中】独学1〜2ヶ月で登録販売者に合格できる勉強法

気になる方はご覧ください。

こんな人におすすめ

✔︎ 独学するのに向いているテキストが欲しい
✔︎ 合格実績のあるテキストを使いたい
✔︎ どのテキストを選ぶか迷っている
✔︎ 他のテキストと比べてクセが無い

私は書店で3冊のテキストを見比べて、最終的にこれが自分に合うと思って選びました。

結果、私にはピッタリのテキストでした。

テキストと一緒に選ぶおすすめ問題集まとめ

前半で紹介したテキストと合わせて、問題集も紹介します。

  • 登録販売者試験対策必修ポイント450 2021年版 
  • 令和2年版 全国登録販売者試験過去問正解
  • ズルい! 合格法 医薬品登録販売者試験対策 出る順 問題集

どの問題集も個性があるので、じっくり選んでいただきたいです。

登録販売者試験対策必修ポイント450 2021年版 

2021年3月24日に発売された最新の問題集です。

(過去に何冊か同じシリーズがありますが、この本が最新版となります。)

現場でOTCの相談や販売に関わっている、薬剤師の新井先生が監修しているため、問題集の内容に信頼性があります。

挿し絵やイラストも多めで、すらすら読みやすく勉強のモチベーションが維持できるように工夫されています。

また、このテキストはA5サイズで持ち運びやすい大きさです。

しかし約700ページもあるため、第一印象は「そこそこ分厚い本」です。

ユーキャンのテキストと、ほぼ同じくらいの大きさです。

そこそこ重みがありますが、手引き(試験範囲)の内容をギュっと凝縮しています。

各章の最後に約50問ほど、試験対策プチ問題も収録されています。

コツコツ解いて、覚えているか確認できます。

そして、「登録販売者試験○×カクニン問題集」という別冊がついていて、取りはずして使えます。

○×マルバツ問題がメインの問題集で、約700問も掲載されています。

その問題ができたかどうか、✔︎ チェックマーク欄があるので、自分のレベルを確認することもできます。

さらに、サブテキストのポジションとしても活用できます。

問題集なのですが、テキストくらいにわかりやすい言葉で解説されているからです。

今持っているテキストのサブ(2冊目)としては、最高のポジションです。

そして最大のメリットは、この問題集が試験に合格してからも実務経験に生かせることです。

例えば、こんな内容がわかります。

  • 葛根湯は、漢方薬だからクセにならないのか?
  • 鼻炎用点鼻薬に関する、もっとも大切な注意事項とは?
  • 不眠や不安に用いられるサプリメントには、どんな注意が必要か?
  • 妊婦に「妊娠に気づかないで、市販の頭痛薬をのんでしまった」と相談されたら?
  • なぜ、市販薬は長期連用してはいけないのか?

著者の新井先生が、OTCやドラッグストアの現場の知識が膨大だからこそ、現場目線で教えてくれる内容だったりします。

こんな人におすすめ

✔︎ 詳しい解説がついている問題集がほしい
✔︎ テキストがわりに使える問題集がほしい
✔︎ 取り外しできる別冊ふろくがあればいいなぁ
✔︎ 合格後も勉強に使える、本を探している

試験勉強中は問題を解いて、合格後は実務経験に生かしたいなら、このテキストをおすすめします。

医薬品登録販売者過去問題集2021

2021年5月に発売されたばかりの、最新の過去問題集です。

発売元は、ドラッグストア業界の大手であるマツモトキヨシホールディングスです。

つまり、マツキヨが出版した過去問題集ですね。

この問題集は、試験で実際に出題された過去問がメインとなっていますが、全国の試験内容から厳選されていて、その数なんと1200問も収録されています。

全国の過去問題を印刷しなくとも、これ1冊でまかなえます。

今年試験を始めて受験する人向けの内容で、使いやすいように工夫されています。

  • 難しい用語にふりがなが振ってある
  • 全ての問題に解説がついている
  • 解説が取り外しできる

難点としては、文字が少し小さめなので窮屈に感じるかもしれません。

それだけ内容を盛り込んでいる過去問題集だったりします。

こんな人におすすめ

✔︎ 内容が信頼できる、最新の問題集がほしい
✔︎ 2020年(昨年)の全国版がほしい
✔︎ わかりやすい解説で、知識を深めたい
✔︎ 取り外しできて、便利な本がいい
created by Rinker
¥2,200(2021/06/21 18:17:10時点 Amazon調べ-詳細)

2020年(昨年度)と比べて1300円ほど安くなっているので、値段的に買いやすいのもメリットです。

令和2年版 全国登録販売者試験過去問正解

2021年2月に発売された、新しい問題集です。

Amazonの紹介では「登録販売者試験過去問集人気No.1 !!」と大きく宣伝されています。

去年(令和2年)に実施された、全国の登録販売者試験の問題集です。

全都道府県10ブロック(全1200問)の問題を収録しているため、とてもボリュームのある内容です。

過去問題集と切り離せる解説書がついているので、解答後の採点がしやすくなっているのがメリットですね。

他の過去問題集の問題数は約200〜700問くらいですが、この過去問題集は1200問という膨大な量があります。

そのため、とにかく問題をひたすら解いて、試験の出題傾向に慣れたい方に向いています。

デメリットをあげるなら、令和2年のみの問題集のため、それ以前の年度は収録されていません。

さらに前年度の問題をこなしたいなら、昨年度のバージョンを購入する必要があります。

また、この本は解説が最低限しかありません。

マツキヨ本のように、ていねいでわかりやすい解説を求めてはいけませんよ。

「ただひたすら、過去問をどんどん解き続けたい」という願望がある、そんなあなたにはもってこいの問題集です。

こんな人におすすめ

✔︎ 過去問に慣れておきたい
✔︎ 最新の過去問題集がほしい
✔︎ とにかく多くの問題数を解きたい
✔︎ 全国の過去問を解いて経験を増やしたい

マツキヨの本と趣旨が似ていて悩むところですが、こちらの方が文字が大きく読みやすいです。

ズルい! 合格法 医薬品登録販売者試験対策 出る順 問題集

2020年4月に発売された、最新の問題集です。

テキスト紹介で出てきた「ズル本S」の問題集バージョンです。

ここでは「ズル本問題集」と表記しますね。

ズル本問題集の良い点は、試験に出やすい問題順にまとめられていることです。

この問題は必ず解けるようになるべき、といった問題の重要度がわかります。

公式自体が「出る順に並んでいるので、これだけやっておけば大丈夫!」と表紙に公表しています。

また、他の問題集と大きくちがう点があり、左ページに問題、右ページに回答・解説があります。

問題一覧 → 回答一覧といった一般的な問題集とは全くちがいます。

問題を解いてすぐに答え合わせができるため、いちいち別冊の解答から探す手間が省けます。

また問題の解説も、図表やわかりやすい文章でまとめられています。

そして、この問題集は「ズル本S(テキスト)」と一緒に活用することをおすすめします。

問題の回答ページにズル本に対応したページが記載されているため、ズル本から各項目をすぐ探し出せるように考慮してあります。

テキストと問題集がこんなにも密にリンクしているのは、ズル本シリーズだけですね。

「ズル本テキストと、ズル本問題集で、ズルく合格する」

なんとも悪どい言い方に聞こえますが、
この2冊は独学勉強では最強コンビだと確信しています。

こんな人におすすめ

✔︎ ズル本を買おうとしている
✔︎ 限られた時間の中で合格したい
✔︎ なるべく楽をして、合格したい
✔︎ 「これだけやれば大丈夫」な問題集が欲しい

私が2021年に受験するなら、ズル本(テキスト)と、この問題集の2冊を選びます。

テキスト選びに悩むなら通信講座もあり

以上、登録販売者のテキスト・問題集について紹介してきました。

それでも、悩む場合があるかもしれません。

  • 結局、自分に合うテキストがわからない
  • 買ったテキストがイマイチだった
  • 自力で勉強する気になれない

もしテキスト選びがむずかしいと思ったら、通信講座を利用するのも手です。

なぜならテキストを選ぶ必要がなく、あなたに必要な勉強セットが全てそろっているからです。

通信講座についての参考記事は、下記をどうぞ。

» 【厳選】おすすめの通信講座まとめ【登録販売者の合格への近道】

まとめ:あなたに合うテキストを選ぼう

【登録販売者 テキスト おすすめ】と検索すると、たくさんの参考書・試験対策テキスト、過去問題集がヒットします。

おそらくどれを選べばいいか、あなたは迷うはずです。

私もどれにするか、買う前に悩んだ一人です。

結論をいうと、あなたの欲しいテキストで勉強するのが1番合格しやすいです。

やる気をなくさず、モチベーションを維持することが大事ですので、、

もし可能なら、書店に行ってテキストの内容を確認してください。

最終的に「これなら勉強が続けられそう」と思えるテキストを選んでほしいからです。

しかし実際のところ、コロナ禍で書店に行きづらかったりします。

その場合は、Amazonや楽天などのネットショッピングで、気になる本を調べてみるのもアリです。

この記事が、あなたのテキスト選びの参考になれば幸いです。

漢方・生薬に苦手意識があるなら、漢方を学べる本と一緒に勉強するのも手です。

» 【登録販売者向け】漢方を勉強できるおすすめ本まとめ

テキストと問題集と合わせて、検討してみてはいかがでしょうか。

テキストをそろえたら、いよいよ試験勉強が始まります。

登録販売者試験を独学で勉強する方法については、下記の記事でまとめています。

» 【短期集中】1〜2ヶ月の独学で登録販売者に合格できる勉強法

» メディカメモTOPに戻る

スポンサーリンク
Twitterで情報発信しています