【独学OK】学校に通わなくても取れる医療系資格まとめ【超おすすめ】

・学校に通わなくても取れる、医療系資格が知りたい。

・自分1人の力で合格して、就職・転職したい。

・どんな医療系資格があるのか、気になる。

あなたの悩みが解決できるヒントが、見つかりますよ。

この記事は5分くらいですべて読めますので、サクッとご覧ください。

(@medicamemo)は、医療系資格を持っています。

「医薬品登録販売者」という、市販の薬を販売できる免許です。

「何それ?」と思った方も多いでしょう。

あなたと同じですね。

私も、この資格の第一印象は「何それ?」でした。

ですが、「何それ?」と思う、この資格のおかげで就職することができました。

さらに現在、お薬相談の専門の仕事をしながら働いています。

主にやっている仕事はざっくり、こんな感じです。

  • お薬相談に乗ることができる
  • 病院に行くべきか判断する
  • 市販の薬を販売できる

医療系の資格ですが、学校に通うこともなく、独学で合格することができました。

私は、この「医薬品登録販売者」という資格を使って就職・収入アップにつながりましたが、他にもまだ、たくさんの医療系資格があるんですね。

この記事では下記の内容について紹介します。

  • 学校に通わなくてもいい医療系資格について
  • 独学で取れる医療系資格5つ
  • それぞれの資格の特徴・主な仕事内容
  • それぞれの資格をオススメする人

記事の後半では、私の持っている医薬品登録販売者について解説しています。

  • 医薬品登録販売者とは、市販の薬を販売できる資格
  • 学校に通わなくても独学で取れる理由
  • 引っ越ししても就職・転職に有利
  • 【薬の専門家】薬剤師・登録販売者のちがい

ぶっちゃけ、独学で取れるのに、メリットが多すぎるんですね。

マニアックな医薬品登録販売者についてはさておき、
まずは、学校に通わなくても取れる医療系資格について解説していきます。

独学で取れる医療系資格は、あります

学校に通わなくても取れる = 独学でも取れる資格ということです。

結論をいうと、5つあります。

  • 医療事務
  • 調剤薬局事務
  • 看護助手
  • 歯科助手
  • 医薬品登録販売者

あなたにとって、名前を聞いたことがある資格もあれば、よく知らない資格もあるはずです。

ちなみに私は上記の資格のうち、2種類持っています。

それぞれの資格の特徴も、実は似ているようで全然ちがうんですね。

では、それぞれの医療系資格について紹介していきます。

【医療系資格の王道】医療事務について

医療事務は、学校に通わなくても独学で取れる医療系資格のなかでも有名な資格です。

3〜4ヶ月という短期間で取れるのもメリットで、年中通して人気な医療系資格の1つだったりします。

さらに、出産後・子育て中の主婦にとっては、再就職しやすい仕事でもあります。

医療事務の仕事

医療事務のおもな仕事は、病院や個人医院・クリニックなどの受付業務です。

・受付業務
・会計業務
・患者さんの接客
・レセプト作成、レセプト業務

ここで、「レセプト」という難しい単語が出てきましたね。

「レセプト」とは、保険者に請求する診療報酬明細書のことです。

あなたは病院に行くと、保険証を出して3割負担でお金を払っていると思います。

レセプト業務とは、残りの7割を保険者(あなたの会社・国など)に請求するための作業のことです。

つまり、この専門的な仕事を行うための資格が、医療事務というわけですね。

レセプト業務は難しそうな仕事に見えますが、きちんと勉強することでしっかり対応することができます。

受付対応をしつつ、保険点数を計算したり、パソコン入力をしたりします。

・短期間で資格を取りたい
・病院の受付の仕事がやりたい
・出産、子育て後に再就職ができる資格がほしい

医療事務は、通信講座の中でもトップクラスな人気の資格だったりします。

シングルマザーの方や、転勤族の方もよく取得しているそうです。

» 医療事務について調べてみる(外部サイト)

【薬が好きならアリ】調剤薬局事務について

調剤薬局事務は、調剤薬局で役に立つ資格です。

薬が好き・パソコン入力がやりたい・受付業務に興味があるなら、この仕事に向いています。

調剤薬局事務の仕事

医療事務と同じく、受付や会計などの仕事がメインになります。

医療事務との大きなちがいは、職場が病院ではなく薬局ということです。

・調剤薬局の受付業務
・患者さんの接客
・会計業務
・レセプト作成

調剤薬局も保険証を使うので、レセプト業務がメインです。

医療事務と同じく、保険点数を計算したりパソコン入力をします。

・短期間で資格を取りたい
・調剤薬局ではたらきたい
・薬に関わる仕事がしたい

調剤薬局も、病院と同じく全国各地にあるため就職に困らないというメリットがあります。

» 調剤薬局事務について調べてみる(外部サイト)

【病院を支えたい】看護助手について

看護助手は、医師や看護師のフォローをするポジションの仕事です。

受付業務ではなく、患者さんのお世話や看護師さんのフォローが中心です。

看護助手の仕事

看護助手は、医師・看護師のような国家資格ではないため医療行為を行うことはできません。

しかし、看護チームの一員として、医療機関の中でも大事なポジションに配置されている場合があります。

・医師・看護師の補助
・患者さんのお世話
・器具の洗浄、滅菌業務

医療事務の仕事は病院の窓口担当ですが、
看護助手の仕事は病院の医療環境の補助を担当します。

体力勝負な場面も多いですが、
ずっと座りっぱなしが苦手なら、看護助手の方があなたに合っているかもしれませんね。

・身体を動かした仕事がしたい
・病院やクリニックではたらきたい
・患者さん、看護師スタッフの力になりたい

医療事務と看護助手、どちらも医療機関での仕事ですが、仕事内容は全然ちがいます。

どちらがあなたに向いているか、じっくり考えてみてください。

» 看護助手について調べてみる(外部サイト)

【歯医者で働きたい】歯科助手について

歯科助手は、歯科医院で就職・仕事するときに役に立つ資格です。

実は私も持っている資格で、実際に歯科医院で仕事をしていたことがあります。

歯科助手の仕事

歯科助手の仕事は、医院によって受付メインと診察室メインの2種類にわかれます。

・歯科医院の受付、会計
・レセプト作成(医院による)
・歯の型取りを作る
・器具の消毒、滅菌処理
・バキュームの補助

受付メインだと、受付・会計・電話対応が主な仕事です。

診察室メインでは、歯の型取りを作る・器具の消毒をする・バキューム(口の中の水や唾液を吸う機械)の補助をしたりします。

よく「歯科助手は歯石を取ったり、口の中の掃除をしますか?」と聞かれますが、実際やりません。

それらは医療行為になるため、国家資格である歯科衛生士の資格が必要になるんですね。

もし歯科助手なのに医療行為をやっていたら、その歯科医院は法律的にアウトです、、笑

・将来的にずっと使える資格がほしい
・歯についての知識を勉強したい
・歯科医院で仕事をしたい

ちなみに、私の勤めていた歯科医院は、歯科助手手当がありました。(月5000円)

就職に有利で、資格手当のある医院もあるので、意外とおいしい資格だったりします。

» 歯科助手について調べてみる(外部サイト)

気になる資格があったら早速勉強しましょう

あなたの性格や、求める職場環境によって選ぶ資格がちがってきます。

医療系資格は、あなたのこれからの人生で強みになりますよ。

あなたの気になる資格が見つかったら、ぜひもっと調べてみてください。

ここで紹介した医療系資格については、下記のサイトから調べられます。

» ユーキャン(自宅で本番試験できる)

» たのまな(無料の資料請求あり)

さて、この記事で紹介する5つのうち、4つを紹介しました。

もしあなたが「医薬品登録販売者」について気になるなら、このまま読み進めてください。

【お薬相談ができる】医薬品登録販売者について

医薬品登録販売者資格は、2009年にできたばかりの、比較的新しい資格です。

この「医薬品登録販売者」という名前は、ドラッグストアや市販の薬のCMでも見かけたことがある方もいるかもしれません。

※よく「登録販売者」と省略される場合が多いです

また、医薬品登録販売者は、免許のような資格です。

この資格がないと、ドラッグストアや薬局で市販の薬を売ることができません。

そのため、ドラッグストアでお薬相談をしてくれる人は、必ず登録販売者を持っています。

(薬剤師も同じく薬を販売できるので、お店には登録販売者・薬剤師のどちらかが必ずいます)

補足:医薬品登録販売者という名称について

なぜ「医薬品登録販売者」という名称なのかについては、いろいろと説があります。

この試験に合格すると、保健所に自分の情報を「登録」します。

その後、市販薬を「販売」することができるため、登録販売者という名称になったという説ですね。

元々は「登録販売者」という資格名だったのですが、
2019年10月に、「登録販売者」から「医薬品登録販売者」に、正式名称が変更されました。

そのため、一般の人が見ても、医薬品(市販の薬)を取り扱っているという資格ということがすぐにわかるようになりました。

ただ、「医薬品登録販売者」という資格名は少し長いので、
薬局・ドラッグストア業界からは「登販」(とうはん)と省略して呼ばれます。

ここから先は、「登録販売者」と省略しますね。

学校に通わなくても独学で取れる理由

登録販売者資格は、学校に通わなくても独学で取ることができます。

2009年に登録販売者資格が設立された当時は、試験の受験資格として1年の実務経験が必要でした。

そのため、ドラッグストアや薬局で仕事をしている人限定の資格でもありました。

上記の点から、さまざまな意見もあったようで、2015年4月からの試験制度が変更されます。

現在は受験するための実務経験が無くなったため、どんな人でも試験を受けることができるようになりました。

そのため、中学・高校生や仕事バリバリサラリーマン、仕事をさがしている専業主婦、50〜60代のベテランまで、誰でも受験可能です。

登録販売者になるには、毎年都道府県で実施される登録販売者試験に合格する必要があります。

薬学部に6年間通わなくても薬の仕事ができる

登録販売者は、上記のとおり誰でも受験可能です。

「薬の専門家=薬剤師」というイメージですが、
薬剤師は大学の薬学部に6年間通う必要があります。

さらに、難関の国家試験に合格しないと薬剤師になれません。

いっぽう、登録販売者は、学校に通わずとも独学で取れます。

登録販売者のメリットは多い

「薬剤師と登録販売者を比べるのはどうなのか」
と言われそうですが、登録販売者のメリットを簡単にまとめました。

  • 比較的取得しやすい
  • 市販の薬に詳しくなれる
  • ドラッグストア、薬局の就職に有利
  • お薬相談でお客さんの力になれる
  • プライベートでも役に立つ知識

けっこうメリットがあるんですよね。

独学で取れるとはいえ、これらのメリットがあるのは大きいはずです。

» 登録販売者のメリット・デメリットまとめ

就職・転職に有利

登録販売者資格は就職・転職に有利な資格とも言えます。

理由は、登録販売者の専売特許である「市販薬を扱えること」にあります。

市販の薬を取り扱うドラッグストアは、薬剤師または登録販売者が最低1人いないとお店を開けることすらできません。

そのため、ドラッグストアに行くと必ずいずれかの資格を持つ店員がいます。

ドラッグストアでは必須の資格

ドラッグストア業界では登録販売者が必須の資格と言われています。

特にドラッグストアの社員になると、登録販売者の受験は切っても切れない関係だったりします。

ドラッグストア・薬局業界に特化しているぶん、他の医療業界では使いにくい資格だったりします。

就職で使える範囲が少し狭いのがデメリットですが、
もしドラッグストアや薬局で働きたいなら、登録販売者は取っておきたい資格です。

余談ですが、会社側からすると薬剤師は高額な人件費がかかるため、登録販売者を優遇するところもあります。

(登録販売者が低賃金というわけではありませんよ)

【薬の専門家】登録販売者と薬剤師のちがい

薬の専門家と聞くと、薬剤師を思い浮かべると思います。

登録販売者も薬剤師と同じく、市販の薬を取り扱うことができます。

登録販売者と薬剤師について、大きなちがいは取り扱える市販薬の区分です。

薬剤師は「全ての医薬品」を取り扱うことができます。

登録販売者は「ほとんどの市販薬」を取り扱えます。

薬剤師というと、調剤薬局にいるイメージですよね。

仕事としては、病院からもらった処方せんを作ること(調剤業務)を思い浮かべると思います。

実はドラッグストアにもいます。

ドラッグストアだとロキソニン(第一類医薬品)、要指導医薬品と呼ばれる、一般的な市販の薬の中でもリスクの高い薬を販売することができます。

登録販売者は、上記の市販薬以外の全ての市販薬を販売できます。

「え、登録販売者の意味なくない?」と思わないでください。

実際のところ、市販で売られている薬の約9割を取り扱うことができます。

つまり市販薬だけを置いているドラッグストアにおいては、登録販売者だけでも充分活躍できます。

薬剤師=MT免許、登録販売者=AT限定免許

あなたは車の免許でMT(ミッション)・AT限定(オートマチック)、どちらの免許をお持ちでしょうか?

わかりやすく例えるなら、薬剤師はMT免許、登録販売者はAT限定免許です。

車の免許で例えるなら、
MT免許なら全ての車種に乗ることができますが、AT限定免許だとMT車に乗ることはできません。

これが、薬剤師と登録販売者の資格でも同じ考え方ができます。

  • 薬剤師…全ての医療用医薬品、全ての市販薬
  • 登録販売者…第一類、要指導医薬品を除いた全ての医薬品

医療用医薬品は処方せんの薬のことです。

あなたが携わるのは市販の薬だけでいいので、処方せんの薬を取り扱う必要がありません。

先ほどの車の免許で例えると、あなたがMT車に乗ることがないのなら、AT限定免許でも良いというわけです。

そのため登録販売者が車のAT限定免許のポジションでも、市販の薬を取り扱うだけなら薬剤師資格まではいらないという考えです。

登録販売者の資格があれば、市販の薬を売ることができます。

ただ、簡単に取れるというわけではありません。

それなりに、勉強量が必要になります。

» 医薬品登録販売者について調べてみる(外部サイト)

まとめ:独学で医療系資格は取れる

ここで紹介した資格は、すべて学校に通わなくても独学で取れる資格です。

履歴書にかけるので、就職・転職に有利になりますし、資格手当がつく職場もあります。

あえてデメリットを挙げるなら、どれも民間資格で医療行為ができないことですね。

※医薬品登録販売者は民間資格ではないので、都道府県への正式な登録が必要です

ここで紹介した医療系資格に少しでも興味があるなら、まずは無料の資料請求をしてみるのはアリです。

届いた資料を見て、最終的にその資格を取るか取らないかを決めたら大丈夫ですよ。

【最後に】思い立ったら、すぐ行動しましょう

あなたは「学校に通わなくても取れる医療系資格」を探しているはずです。

もし、ほんの少しでも「気になる資格が見つかった」なら、すぐ行動しましょう。

しかし、資格を取ることが、最終目標ではありません。

今あなたが行動すると、半年後には、あなたの働きたい職場で活かせますよ。

» ユーキャンの通信講座(自宅で本番試験できる)

» たのまなの通信講座(無料の資料請求あり)

今日があなたの人生で、1番若い日です。

この記事を参考にして、今日何をするかは、あなたが決めましょう。

» メディカメモTOPに戻る

スポンサーリンク
Twitterで情報発信しています