【おすすめ医療系資格】学校に通わなくても取れる「医薬品登録販売者」について

・学校に通わなくても取れる医療系資格が知りたい。
・なんなら、独学で取って就職・転職したい。

そんな疑問に、お答えします

私は「医薬品登録販売者」という、市販薬を販売できる専門の資格を持っています。

この資格のおかげで転職することができ、現在ドラッグストアで働いています。

私が主にやっている仕事は、以下の通り。

  • お薬相談に乗ることができる
  • 市販の薬を販売できる
  • 病院に行くべきか判断する

これらの仕事は、医薬品登録販売者という資格の特権です。

最大のメリットとして、学校に通わなくても合格できて、なんなら独学で合格できます。

市販薬を販売している業種で役に立ちますが、特にドラッグストアや調剤薬局で活躍できる資格です。

この記事では下記の内容について紹介します。

  • 登録販売者とは、市販の薬を販売できる資格
  • 学校に通わなくても独学で取れる理由
  • 登録販売者は就職・転職に有利
  • 【薬の専門家】薬剤師と登録販売者のちがい
  • 薬に関わりたいなら受験するのはアリ

気になる人は、ご覧ください。

※このサイトでは「医薬品登録販売者資格」を通称「登録販売者」と省略して紹介しています

登録販売者とは、市販の薬を販売できる資格

登録販売者資格は、2009年に施行されたばかりの比較的新しい資格です。

「登録販売者」という名前は、ドラッグストアや市販の薬のCMでも見かけたことがある方もいるかもしれません。

ドラッグストアや薬局で、市販の薬を販売するための資格で、この資格がないと市販の薬を売ることができません。

いわゆる市販薬を販売する免許のような資格です。

ドラッグストアでお薬相談をしてくれる人は、必ず登録販売者を持っています。

(厳密に言えば薬剤師も同じく薬を販売できるので、登録販売者か薬剤師のどちらかは在籍しています)

登録販売者という名称について

なぜ「登録販売者」という名称なのかについて諸説あります。

この試験に合格すると、保健所に自分の情報を「登録」します。

その後市販薬を「販売」することができるため、登録販売者という名称になったという説があります。

2019年10月に「登録販売者」から「医薬品登録販売者」と、名称変更されました。

そのため一般の人が見ても、医薬品(市販の薬)を取り扱っているという資格ということがすぐにわかるようになりました。

※ここでは登録販売者と表記しています

「登録販売者」は、薬局・ドラッグストア業界からは「登販」(とうはん)と省略して呼ばれます。

学校に通わなくても独学で取れる理由

登録販売者資格は、学校に通わなくても独学で取ることができます。

2009年に登録販売者資格が設立された当時は、試験の受験資格として1年の実務経験が必要でした。

そのためドラッグストアや薬局で仕事をしている人限定の資格でもありました。

上記の点から多方面の意見もあったようで、2015年4月からの試験制度が変更されます。

現在は受験資格が撤廃されたため、どんな人でも試験を受けることができるようになりました。

そのため、中学・高校生や仕事バリバリサラリーマン、仕事をさがしている専業主婦、50〜60代のベテランまで、誰でも受験可能です。

登録販売者になるには、毎年都道府県で実施される登録販売者試験に合格する必要があります。

薬学部に6年間通わなくても薬の仕事ができる

登録販売者は、上記のとおり誰でも受験可能です。

「薬の専門家=薬剤師」というイメージですが、薬剤師は大学の薬学部に6年間通う必要があります。さらに、難関の国家試験に合格しないと薬剤師になれません。

一方、登録販売者は市販の薬を取り扱える資格ですが、学校に通わずとも独学で取れます。

登録販売者のメリットは多い

「薬剤師と登録販売者を比べるのはどうなのか」と言われそうですが、登録販売者のメリットを簡単にまとめました。

  • 比較的取得しやすい
  • 市販の薬に詳しくなれる
  • ドラッグストア、薬局の就職に有利
  • お薬相談でお客さんの力になれる
  • プライベートでも役に立つ知識

この辺りです。独学で取れるとはいえ、これらのメリットがあるのは大きいはずです。

登録販売者は就職・転職に有利

登録販売者資格は就職・転職に有利な資格とも言えます。

理由は、登録販売者の専売特許である「市販薬を扱えること」にあります。

市販の薬を取り扱うドラッグストアは、薬剤師または登録販売者が最低1人いないとお店を開けることすらできません。

そのため、ドラッグストアに行くと必ずいずれかの資格を持つ店員がいます。

ドラッグストアでは登録販売者が必要

ドラッグストア業界では登録販売者が必須の資格と言われています。

特にドラッグストアの社員になると、登録販売者の受験は切っても切れない関係だったりします。

ドラッグストア、薬局業界に特化している分、他の医療業界では使いにくい資格だったりします。

就職で使える範囲が少し狭いのがデメリットですが、もしドラッグストアや薬局で働きたいなら登録販売者は取っておきたい資格です。

余談ですが、会社側からすると薬剤師は高額な人件費がかかるため、登録販売者を優遇するところもあります。(かといって登録販売者が低賃金というわけではありません)

【薬の専門家】登録販売者と薬剤師のちがい

薬の専門家と聞くと、薬剤師を思い浮かべると思います。

登録販売者も薬剤師と同じく、市販の薬を取り扱うことができます。

登録販売者と薬剤師について、大きなちがいは取り扱える市販薬の区分です。

薬剤師は「全ての医薬品」を取り扱うことができます。

登録販売者は「ほとんどの市販薬」を取り扱えます。

薬剤師というと、調剤薬局にいるイメージですよね。

仕事としては、病院からもらった処方せんを作ること(調剤業務)を思い浮かべると思います。

実はドラッグストアにもいます。

ドラッグストアだとロキソニン(第一類医薬品)、要指導医薬品と呼ばれる、一般的な市販の薬の中でもリスクの高い薬を販売することができます。

登録販売者は、上記の市販薬以外の全ての市販薬を販売できます。

「え、登録販売者の意味なくない?」と思わないでください。

実際のところ市販で売られている薬の約9割を取り扱うことができます。

つまり市販薬だけを置いているドラッグストアにおいては、登録販売者だけでも充分活躍できます。

薬剤師=MT免許、登録販売者=AT限定免許

あなたは車の免許でMT(ミッション)・AT限定(オートマチック)、どちらの免許をお持ちでしょうか?

わかりやすく例えるなら、薬剤師はMT免許、登録販売者はAT限定免許です。

車の免許で例えるなら、
MT免許なら全ての車種に乗ることができますが、AT限定免許だとMT車に乗ることはできません。

これが、薬剤師と登録販売者の資格でも同じ考え方ができます。

  • 薬剤師…全ての医療用医薬品、全ての市販薬
  • 登録販売者…第一類、要指導医薬品を除いた全ての医薬品

医療用医薬品は処方せんの薬のことです。

あなたが携わるのは市販の薬だけでいいので、処方せんの薬を取り扱う必要がありません。

先ほどの車の免許で例えると、あなたがMT車に乗ることがないのなら、AT限定免許でも良いというわけです。

そのため登録販売者が車のAT限定免許のポジションでも、市販の薬を取り扱うだけなら薬剤師資格まではいらないという考えです。

登録販売者の資格があれば、市販の薬を売ることができます。

薬に関わりたいなら受験するのはアリ

あなたは独学で取れる医療系資格を探しているはずです。

医療系の仕事はたくさんありますが、もし市販の薬に少しでも興味があるなら登録販売者試験を受験してみるのはアリです。

ただ、簡単に取れるというわけではありません。

それなりに勉強量や効率の良い勉強方法が必要になります。

登録販売者に興味がわいたら、調べましょう

学校に通わなくても独学で取れる医療系資格の1つ、登録販売者を紹介しました。

登録販売者はユーキャンなどの資格取得サイトでも常にランキング上位で人気の資格でもあります。

登録販売者のメリット、デメリットについては下記の記事をどうぞ。
» 【現役が思う】登録販売者のメリット・デメリットまとめ

あなたに向き・不向きかどうか、✔︎チェックすることもできます。

それよりも登録販売者という資格の概要が気になる人は、こちらをどうぞ。
» 【登録販売者】ゼロから始めても合格できる勉強法

もしかすると、あなたの人生を良い方向に変えることになるかもしれませんよ。

» メディカメモTOPに戻る

スポンサーリンク
Twitterで情報発信しています