【登録販売者試験】第2章の重要なポイントまとめ【人体の働きを覚えるコツ】

第2章の「人体の働きと医薬品」の項目が難しい。

臓器や器官の名前が、なかなか覚えられない。

理科が昔からキライだから、第2章は苦手意識がある…

そんな悩みを、解決します。

この記事では、登録販売者試験の第2章を攻略するポイントをまとめました。

もし、第2章でつまづいているなら、ご覧ください。

第2章は【人体のしくみ】がテーマ

「第2章:人体の働きと医薬品」では、身体の構造・副作用の種類がおもなテーマになります。

「人体=理系」のような内容ですが、計算式が出ることはなく、暗記がメインになります。

あなたが学生のときに、理科の授業で習ったことがある知識も試験範囲に入っています。

小中学校の理科の内容を、もっと深く勉強するのが登録販売者の第2章というわけです。

第2章の試験範囲

第2章の試験範囲は、こんな感じです。

  1. 人体の構造と働き
    • 胃・腸、肝臓、肺、心臓、腎臓などの内臓器
      • 消化器系
      • 呼吸器系
      • 循環器系
      • 泌尿器系
    • 目、鼻、耳などの感覚器官
    • 皮膚、骨・関節、筋肉などの運動器官
      • 外皮系
      • 骨格系
      • 筋組織
    • 脳や神経系の働き
      • 中枢神経系
      • 末梢神経系
  2. 薬が働く仕組み
    • 薬の生体内運命
    • 薬の体内での働き
    • 剤型ごとの違い、適切な使用方法
  3. 症状からみた主な副作用
    • 全身的に現れる副作用
      • ショック(アナフィラキシー)、アナフィラキシー様症状
      • 重篤な皮膚粘膜障害
      • 肝機能障害
      • 偽アルドステロン症
      • 病気等に対する抵抗力の低下等
    • 精神神経系に現れる副作用
      • 精神神経障害
      • 無菌性髄膜炎
      • その他体の局所に現れる副作用
    • 消化器系に現れる副作用
    • 呼吸器系に現れる副作用
    • 循環器系に現れる副作用
    • 泌尿器系に現れる副作用感覚器系に現れる副作用
    • 皮膚に現れる副作用

この時点で、勉強する前から苦手意識を持ってしまうかもしれませんね。

ですが、しっかり試験対策をすることで点数を上げることができます。

上記の内容をいかにうまく暗記できるかが、合格への近道です。

第2章の難易度:そこそこむずかしい

もしあなたが第1章から第2章と順番に勉強していたら、やる気が無くなってしまったと思います。

「おいおい、急に難易度高くね?」と、私もあなたと同じように痛感していました。

さて、この第2章をどう切り抜けるかが、最初の鬼門となってきます。

第1章では医薬品の基本的な知識、薬害について勉強します。

第2章では試験範囲がガラッと変わって、人体のはたらきと医薬品という項目です。

胃・小腸・骨・筋肉、神経系など、かつて学生のころに授業で習ったような内容に似ています。

しかし、登録販売者試験では、もっともっと深い内容が出題されるんですね。

市販薬を販売するうえで、どの成分が人間のどの部分に作用するのかに必要な知識や用語、作用を専門的に覚える必要があります。

第2章の勉強のコツ

登録販売者試験の第2章は、人体の臓器の名称・役割・細胞の種類など、覚えることが多いです。

しかし、そもそもどうやって覚えたらいいかが難しいんですよね。

第2章の勉強のコツは、3つあります。

  • 図、イラストを見てイメージする
  • YouTube講義動画を活用する
  • はたらく細胞のアニメを見る
  • 語呂合わせを使って覚える

図、イラストを見てイメージする

登録販売者試験の第2章は、人体の臓器やしくみがメインの範囲です。

専門用語を丸暗記するよりも、
図やイラストを見ることで、よりイメージを膨らませることができます。

中外製薬の「からだとしくみ」というサイトでは、各臓器や気管などのしくみや役割を知ることができます。

» からだとしくみ:中外製薬(外部サイト)

※ スマホだと見にくいため、パソコン回覧推奨

このサイト、私が受験勉強しているときにめちゃくちゃ役に立ちました。

パソコン推奨ですが、第2章の理解度がグーンと上がりますよ。

YouTube講義動画を活用する

無料で動画を見ることができるYouTube、
実は登録販売者試験のための講義動画も投稿されています。

YouTubeの講義動画では、実際の講義の内容を見ることができます。

試験によく出てくる重要なポイント・キーワードをチェックできますよ。

YouTube講義動画については、下記の記事をご覧ください。

» 【登録販売者】石川先生のYouTube動画まとめ【試験勉強】

はたらく細胞のアニメを見る

あなたは、はたらく細胞というアニメを知っていますか?

はたらく細胞とは、人間の細胞がキャラクターとなって、さまざまな仕事をしているところを描いた作品です。

アニメの他にマンガもあるのですが、試験の役に立つ画期的な勉強方法だったりします。

もちろん休憩中に見てもよし、という登録販売者試験にとってメリットばかりの作品です。

はたらく細胞について気になる方は、下記の記事をどうぞ。

» 【最強】はたらく細胞で登録販売者の勉強ができる理由

語呂合わせを使って覚える

第2章を効率よく勉強できる方法の1つが、語呂合わせです。

語呂合わせを使うことで、イメージしやすく覚えることができます。

たとえば、こんな感じです。

【神経系の脳について】
・脳の血液の循環量 … 約15%
 → 血液は赤い → 赤いのはイチゴ → イチゴ(15%)

・脳の酸素の消費量 … 約20%
 → 酸素は化学式だとO2 →O2をひっくりかえして20%
 
・脳のブドウ糖の消費量 … 約25%
 → ブドウ糖は甘い → 甘くてニコニコする → ニコニコ(25%)

この語呂合わせは、石川達也先生がYouTube動画で教えてくれたんですね。

参考:登録販売者試験対策合格講座【2章-9】

※ 3:00くらいから説明してくれます

私もしっかり覚えられた、ありがたいゴロ合わせです。

語呂合わせが載っている参考書だと、ズル本がおすすめです。

インパクトのあるゴロ、わかりやすい解説が特徴的なテキストです。

語呂合わせを駆使して、時間短縮で覚えたいところです。

第2章の覚え方・解説ページ

第2章を、大きく7つの記事にわけました。

  • 消化器系、消化酵素の覚え方
  • 呼吸器系、咽頭と喉頭の覚え方
  • 循環器系、心臓と血液の覚え方
  • 泌尿器系、腎臓と副腎の覚え方
  • 感覚器官、目・鼻・耳の覚え方
  • 皮膚・骨・筋組織の覚え方
  • 中枢神経、抹消神経、自律神経系の覚え方

【お知らせ】読みにくい文面の記事がありますが、少しずつ読みやすいように修正しています。

どうぞ温かい目で、ご覧ください。

消化器系、消化酵素の覚え方

消化器系は、口腔から肛門まで続いている器官です。

名前は知っているけど詳しくはわからない、各臓器の機能について解説しています。

唾液・胃・小腸などに含まれる消化酵素を、算数の公式のように覚えられます。

» 【登録販売者試験】消化器系、消化酵素の覚え方(第2章)

呼吸器系、咽頭と喉頭の覚え方

肺や気管支など、呼吸に関する大事な器官を呼吸器系と呼びます。

咽頭(いんとう)と喉頭(こうとう)の場所がわかります。

字面が似ていて違いがわからない人は、ご覧ください。

» 【登録販売者試験】呼吸器系、咽頭と喉頭の覚え方(第2章)

循環器系、心臓と血液の覚え方

循環器系は、血液やリンパ液を体内に循環される器官系です。

心臓から血液がどういう順番で流れているのか、簡単に覚えられます。

また血液中の細胞の、重要なポイントがわかります。

» 【登録販売者試験】循環器系、心臓と血液の覚え方(第2章)

泌尿器系、腎臓と副腎の覚え方

血液中の老廃物を、体外に排泄するための器官が泌尿器系です。

ネフロンの構成、腎臓の役割がわかります。

図でわかる副腎の機能の覚え方も、解説しています。

» 【登録販売者試験】泌尿器系、腎臓と副腎の覚え方(第2章)

目・耳・鼻の覚え方

視覚、聴覚、嗅覚を司る器官が、感覚器官です。

角膜・強膜・結膜のちがいを答えられますか?

鼻腔と副鼻腔、蝸牛と前庭もそれぞれ似ているようで役割が異なります。

» 【登録販売者試験】感覚器官、目・鼻・耳の覚え方(第2章)

皮膚・骨・筋組織の覚え方

皮膚や骨、筋肉も試験範囲は狭いですが、不意を付いて出題されます。

また皮膚・筋組織に関わる雑学も紹介しています。

たことうおのめの違い、ワキガの原因がわかります。

» 【登録販売者試験】皮膚・骨・筋組織の覚え方(第2章)

中枢神経、抹消神経、自律神経系の覚え方

中枢神経と末梢神経の、画期的な覚え方があります。

自律神経系の中の交感神経と副交感神経も、わかりやすい覚え方を用意しました。

覚えにくい神経系ですが、語呂合わせではない意外な方法で攻略できます。

» 【登録販売者試験】中枢神経、抹消神経、自律神経系の覚え方(第2章)

以上、第2章についてまとめました。

第3章の成分を覚えたいなら、下記の記事をどうぞ。

» 【登録販売者試験】第3章の成分の覚え方まとめ

» メディカメモTOPに戻る

スポンサーリンク
Twitterで情報発信しています