【登録販売者試験】第2章の人体の覚え方・解説まとめ

第2章の「人体の働きと医薬品」の項目が難しい。

臓器や器官の名前が、なかなか覚えられない。

理科の授業がもともと嫌いで、今も苦手意識がある。

そんな悩みを、解決します。

この記事では、登録販売者試験の第2章の解説記事をまとめてあります。

難しい用語をわかりやすく解説し、覚え方や勉強のコツを知ることができます。

第2章「人体の働きと医薬品」について

「第2章:人体の働きと医薬品」では身体の構造・副作用の種類が主なテーマになります。

学生時代に、理科の授業で習ったことがあると思います。

その内容をもっと深掘りして勉強していくのが登録販売者の第2章です。

第2章で、主に勉強していく内容です。

  • 臓器の名前(胃、小腸、大腸など)
  • 臓器のしくみ(傷口をふさぐ、尿をためるなど)
  • 含まれる物質(アルブミン、グロブリンなど)
  • 薬の形状(坐剤、点鼻薬、点眼薬など)
  • 薬の体内でのはたらき(代謝、排泄など)
  • 重篤な副作用(SJS、TEN、擬アルドステロン症など)

これらを総合的に暗記することが、第2章でやるべきことです。

【登録販売者試験】第2章について

あなたは第1章から第2章に勉強を進めて、やる気が無くなってしまったはずです。

理科の授業で少しかじった知識は通用せず専門用語ばかりで、しかも漢字とカタカナばかりです。

実は私も、第2章が難しいと感じた1人です。

さて、この第2章をどう切り抜けるかが、最初の鬼門となってきます。

第1章では医薬品の基本的な知識、薬害について勉強しました。

第2章では、人体のはたらきと医薬品という項目です。

胃や小腸、骨や筋肉、神経系など、学生のころに授業で習ったような内容に似ています。

登録販売者試験では、もっと深い内容となっています。

市販薬を販売するうえで、どの成分が人間のどの部分に作用するのかに必要な知識や用語、作用を専門的に覚える必要があります。

第2章の勉強のコツ

登録販売者試験の第2章は、人体の臓器の名称、役割、細胞の種類など、多岐にわたって覚える要素が多いです。

第2章の勉強のコツは、3つあります。

  • 図、イラストを見てイメージする
  • YouTube講義動画を活用する
  • はたらく細胞のアニメを見る

図、イラストを見てイメージする

登録販売者試験の第2章は、人体の臓器やしくみがメインの範囲です。

専門用語を丸暗記するよりも、
図やイラストを見ることで、よりイメージを膨らませることができます。

中外製薬の「からだとしくみ」というサイトでは、各臓器や気管などのしくみや役割を知ることができます。

» からだとしくみ:中外製薬(外部サイト)

YouTube講義動画を活用する

無料で動画を見ることができるYouTube、
実は登録販売者試験のための講義動画も投稿されています。

YouTubeの講義動画では、実際の講義の内容を見ることができます。

試験によく出てくる重要なポイント・キーワードをチェックできますよ。

YouTube講義動画については、下記の記事をご覧ください。

» 【登録販売者】石川先生のYouTube動画まとめ【試験勉強】

はたらく細胞のアニメを見る

あなたは、はたらく細胞というアニメを知っていますか?

はたらく細胞とは、人間の細胞がキャラクターとなって、さまざまな仕事をしているところを描いた作品です。

アニメの他にマンガもあるのですが、試験の役に立つ画期的な勉強方法だったりします。

もちろん休憩中に見てもよし、という登録販売者試験にとってメリットばかりの作品です。

はたらく細胞について気になる方は、下記の記事をどうぞ。

» 【最強】はたらく細胞で登録販売者の勉強ができる理由

第2章の覚え方・解説ページ

第2章を、大きく7つの記事にわけました。

  • 消化器系、消化酵素の覚え方
  • 呼吸器系、咽頭と喉頭の覚え方
  • 循環器系、心臓と血液の覚え方
  • 泌尿器系、腎臓と副腎の覚え方
  • 感覚器官、目・鼻・耳の覚え方
  • 皮膚・骨・筋組織の覚え方
  • 中枢神経、抹消神経、自律神経系の覚え方

【お知らせ】読みにくい文面の記事がありますが、少しずつ読みやすいように修正しています。

どうぞ温かい目で、ご覧ください。

消化器系、消化酵素の覚え方

消化器系は、口腔から肛門まで続いている器官です。

名前は知っているけど詳しくはわからない、各臓器の機能について解説しています。

唾液・胃・小腸などに含まれる消化酵素を、算数の公式のように覚えられます。

» 【登録販売者試験】消化器系、消化酵素の覚え方(第2章)

呼吸器系、咽頭と喉頭の覚え方

肺や気管支など、呼吸に関する大事な器官を呼吸器系と呼びます。

咽頭(いんとう)と喉頭(こうとう)の場所がわかります。

字面が似ていて違いがわからない人は、ご覧ください。

» 【登録販売者試験】呼吸器系、咽頭と喉頭の覚え方(第2章)

循環器系、心臓と血液の覚え方

循環器系は、血液やリンパ液を体内に循環される器官系です。

心臓から血液がどういう順番で流れているのか、簡単に覚えられます。

また血液中の細胞の、重要なポイントがわかります。

» 【登録販売者試験】循環器系、心臓と血液の覚え方(第2章)

泌尿器系、腎臓と副腎の覚え方

血液中の老廃物を、体外に排泄するための器官が泌尿器系です。

ネフロンの構成、腎臓の役割がわかります。

図でわかる副腎の機能の覚え方も、解説しています。

» 【登録販売者試験】泌尿器系、腎臓と副腎の覚え方(第2章)

目・耳・鼻の覚え方

視覚、聴覚、嗅覚を司る器官が、感覚器官です。

角膜・強膜・結膜のちがいを答えられますか?

鼻腔と副鼻腔、蝸牛と前庭もそれぞれ似ているようで役割が異なります。

» 【登録販売者試験】感覚器官、目・鼻・耳の覚え方(第2章)

皮膚・骨・筋組織の覚え方

皮膚や骨、筋肉も試験範囲は狭いですが、不意を付いて出題されます。

また皮膚・筋組織に関わる雑学も紹介しています。

たことうおのめの違い、ワキガの原因がわかります。

» 【登録販売者試験】皮膚・骨・筋組織の覚え方(第2章)

中枢神経、抹消神経、自律神経系の覚え方

中枢神経と末梢神経の、画期的な覚え方があります。

自律神経系の中の交感神経と副交感神経も、わかりやすい覚え方を用意しました。

覚えにくい神経系ですが、語呂合わせではない意外な方法で攻略できます。

» 【登録販売者試験】中枢神経、抹消神経、自律神経系の覚え方(第2章)

以上、第2章についてまとめました。

第3章の成分を覚えたいなら、下記の記事をどうぞ。

» 【登録販売者試験】第3章の成分の覚え方まとめ

» メディカメモTOPに戻る

スポンサーリンク
Twitterで情報発信しています